中古バスは国内だけでなく海外にも需要がある

男女の作業員

海外の発展途上国で大人気

トラック

信頼性が高い日本製品

中古の日本車は海外の発展途上国で特に人気がありますが、それは重機についても同じです。発展途上国ではインフラ整備が喫緊の課題となっているため、様々な工事現場で重機が必要とされているのです。日本製の重機が中古でも人気なのは、信頼性が高く耐久性に優れているからです。モノ造り日本の良さを海外の業者は良く知っているのです。特に故障の少なさが海外でも評価されています。安全性の面でも評価が高く、使いやすさでも定評があります。特に燃費の良さは発展途上国にとって最大のメリットになります。このように海外での需要が多いので、中古の重機でも買取業者は高い値段で買い取ってくれます。年式が古くても高い査定額がつく可能性があります。

年度末を目安に査定に出す

中古の重機を買取店で査定してもらう時の注意点は、ボディの汚れをキレイにしておくことです。重機に関わらず買取業者に査定してもらう時の常識です。例え年式が新しくても見た目が汚れていると査定額に影響します。全国にはたくさんの重機買取業者がありますが、業者によって特定のメーカーを高値で買い取る強化機種というのがあります。そのような業者を選ぶと高値で売却できます。また重機の取り引き時期にも注意が必要です。一般的に重機は年度末に活発に取り引きされます。その時期に向けて年末から年始あたりが、高額査定を得られるチャンスシーズンです。また定期的なメンテナンスの履歴がわかる書類を付けると査定額がアップしますので、例え保証期間が切れている書類でも保管しておく必要があります。